• 馬場

動画制作実際の流れとは?絵コンテ解説参考あり





動画制作を依頼する方、これから制作をやってみたい方向けに

一つの動画がどのようなプロセスで制作されているのかを一緒にみていきましょう。



まず全体の流れとしては

お問合せ→ヒアリング→企画提案→お見積もり→コンテ作成→撮影→編集→初稿→納品となります。





具体的な流れ



【お問合せ】

電話やメールなどでいただいたお問合せから動画制作がスタートします。

ここでは簡単なイメージをお伺いします。



【ヒアリング】

お客様と実際にお打ち合わせをさせていただき、「どのような場面で」「どのように使いたいか」などイメージを掘り下げていきます。

動画制作は形の見えないイメージを具体的に目に見える形にするので、ヒアリングが最も重要になります。



・動画制作の目的について(サービス拡大・認知拡大・コンバージョン向け)

・使用用途について(動画広告・Twitter・Instagram・YouTube・TikTok・CM・電子看板)

・希望納期や予算感について



などなど様々なヒアリングを細かく行います。



【企画提案】

お客様にヒアリング後、動画制作に対するご要望をしっかりと踏まえた上で、分かりやすく伝わりやすい企画・構成を提案させていただきます。

企画書は制作する動画内容によって変わりますが、ヒアリングした内容と提案させていただいた内容で、目的・活用場所・ターゲット・課題解決・動画構成、使用機材などを制作させていただきます。


テキスト・画像・イラストを使用しお客様にイメージしていただきやすい企画書・構成を作成します。



【お見積もり】

制作費用のお見積もりを発行します。

制作する動画内容により費用は異なりますが以下のようになります。


人件費

(企画・構成費・ディレクター費・シナリオ作成費・撮影費・アシスタント費・編集費・ナレーター費・出演費)


機材費 

(カメラ機材・照明機材・スタジオ利用費・車両費・交通費・編集素材費) 



【コンテ作成】

コンテとはアニメーションや実写の動画を制作する時に、その流れを絵や文字、画像などを使って表現するドキュメントのことです。絵コンテや文字コンテと呼びます。

構成をビジュアル化し、クライアント様、カメラマン、編集マンなど制作に関わる全ての人の共通認識となります。



実際に弊社で制作したコンテを例に見ていきましょう。

今回は、絵ではなくリアルなイメージ画像を使用しています。












絵コンテに必要な情報としては


カット割り:そのカットが何番目であるかを伝える通し番号

カット画面:そのカットを絵や画像にしたもの

動作説明:キャラクターやカメラの動きについてテキストで説明したもの

セリフ:キャラクターのセリフ

カットの尺:1カットあたりの秒数



この時点で動画の出来が8割決まると言っても過言ではありません。

コンテがなければ「カットの撮り忘れ」「完成イメージと合わない」などのトラブルが起こる可能性があります。

事前にイメージを共有しておくことで、スムーズに撮影を行うことができます。






【撮影】

作成したコンテを元に撮影を行います。

カメラや照明などの機材セッティングが完了したら、まずはテスト撮影を行います。

チェックが完了したら、いよいよ本番撮影を開始します。


撮影した映像を後日撮り直すことは難しいため、シーン毎にクライアント様に映像をチェックをしていただき、イメージのすれ違いが無いかご確認をいただきます。



【編集】

各シーンの素材をまとめて1つの映像に仕上げる編集作業に進みます。

動画・写真・イラスト・アニメーション・CGを使用します。


まずはコンテに合わせて

・余分なシーンをカット

・テロップ、仮ナレーション挿入

・映像を合成編集

・BGM挿入



【初稿】

動画の初稿を提出します。

細かな追加項目や修正箇所が無いかクライアント様に確認していただきます。



【納品】

初稿の動画に修正を加え、納品となります。

クライアント様に最適な形式で納品させていただきます。Web用動画や配布・販売用など、使用メディアによって適した媒体があるため、最適なものを選びましょう。







まとめ



今回は動画制作の実際の流れについて解説させていただきましたが、いかがでしたか?

一つの動画を制作するのにも、複数のプロセスがあり、様々な人が関係していることがお分かりいただけたと思います。


動画制作を依頼する場合は、「こんな感じにしたい」というイメージを膨らませておくことで、相談や打ち合わせの内容がより充実し、スケジュールやお見積もりの内容も具体的に提案することができます。


動画制作において撮影や編集作業はもちろんですが、企画段階でクライアント様のイメージをしっかりと理解し、それに沿ったシナリオを作成することが非常に重要になります。

そのため、弊社ではヒアリングを最も重要とし力を入れています。


さらに、弊社はブランディング会社の強みを生かし商品やサービスの認知・販促に効果的な動画制作から動画広告の運用まで可能です。

お客様のイメージ、納期やご予算など、まずはお気軽にご相談ください。





#動画 #動画制作 #ヒアリング #企画書 #制作費 #絵コンテ #文字コンテ #撮影 #編集 #初稿 #納品 


43回の閲覧