• 馬場

動画ファイルの形式とその特徴




動画ファイルには様々な形式があることをご存知ですか?


普段あまり動画ファイル形式を意識することは少ないかと思いますが、実際に動画を作成する企業などではファイル形式によって得意不得意があったり、掲載するプラットフォームに最適な形式があったりするため、その形式を理解しておくことが重要です。


今回は、動画におけるファイル形式とその特徴について解説していきます。




コーデックとコンテナの関係




はじめに動画形式の前提条件として動画ファイルを構成する「コーデック」と「コンテナ」の関係を解説します。



コーデックとは

「Compression/DECompression」の略です。日本では「圧縮/伸長」

エンコードとデコードを双方向にすることができる機器・ソフトウェアのこと。

また、エンコード、デコードする際のアルゴリズムのことです。

データ圧縮機能を使ってデータを圧縮・伸張するソフトウェアや、音声や動画などのデータを別の形式に変換する装置およびソフトウェアが含まれます。

(引用:Wikipedia)



動画データに圧縮・変換が必要な理由は、データ量(サイズ)の大きさに原因があります。

動画は静止画の連続によって構成されているため、未圧縮の状態では非常に大きなデータ量になってしまいます。



データ量が大きいと動画の読み込みに時間が掛かったり、通信速度によってはスムーズ再生が始まらないといった不都合が生じてしまいます。そのためデータを圧縮して容量を小さくする必要があるのです。

この動画を圧縮・変換する作業のことを「エンコード」と呼びます。



ただし、圧縮した状態では動画を再生することができません。元の状態へ元す復元作業が必要になります。その復元作業を「デコード」と呼びます。



私たちが何気なく再生している動画は、エンコードによって圧縮された動画をデコードで復元して再生しているのです。




コーデックとその特徴




動画を圧縮するコーデックには様々な規格がありますが、一般に使用されるコーデックをここでご紹介します。



・H.264

高画質動画の主流となっている規格です。YouTubeなどでも使用されるコーデックです。最新の機器であればほとんどに対応しているので、利便性に優れています。



・H.265/HEVC

H.264の後に開発された規格で、4Kや8Kのデータを約半分に圧縮することが可能なコーデックです。しかし個人使用にはエンコードの速度が遅すぎるという欠点があり、あまり普及していません。

次に紹介するAOMedia Video 1に優位性を奪われています。



・AOMedia Video 1

最も将来性があると言われているおすすめのコーデックです。略:AV1

『Apple』『Google』『Microsoft』『Amazon』などといったアメリカの大手企業が共同で開発し、高圧縮・高品質な動画圧縮を可能としています。

5Gの普及に合わせて今後一気に広まることが予想されています。



・MPEG-2

私たちが普段見るテレビのデジタル放送を中心に利用されるコーデックです。

その他では、DVDなどディスクメディアに使用されています。



・MPEG-4

モバイル機器でのネット動画の視聴を想定し開発された規格です。

低速回線でも利用しやすいことが特徴です、しかし高速通信が可能な現代においては需要が少なく、さらに画質面でもH.264と比べ高画質とは言えません。




コンテナとその特徴




そして「コンテナ」とは

コーデックをまとめるのに必要な箱のことです。コンテナの種類によってファイル形式(拡張子)が異なります。



この箱の形によって格納できるコーディックの種類が決まるのです。次に代表的なコンテナを紹介します。



・MP4 (拡張子.mp4)

動画コンテナとして、最も普及し馴染みがあるのではないのでしょうか?

MP4の魅力は様々なOS・ブラウザ・スマホなどに向けたあらゆるコーディックを豊富に格納することができることです。H.264のように圧縮率の高いコーディックを使用することができるので、高画質かつサイズの軽い動画を作成できます。



・AVI (拡張子.avi)

Microsoft社が開発したコンテナです。Windowsで音声付きの動画を扱うための形式として知られています。

mp4と比較すると画像および音声は同程度ですが、ファイルサイズが大きめです。



・FLV (拡張子.flv)

Adobe社が開発したコンテナでyoutubeやニコニコ動画などで配信されています。

通常FLVは、webブラウザ上でしか再生できません。

YouTubeに動画を投稿した場合、自動的にこのFLVに変換されています。YouTubeの動画をダウンロードした場合は、自動的にmp4ファイルで出力されます。







動画ファイル形式とは




・コーデック=映像・音声の圧縮形式

・コンテナ=コーデックをまとめる箱の形式

この二つによって最終的に動画ファイルができるのです。


また、オフラインで再生する際に圧縮された動画を箱から取り出す作業を行うのが

メディアプレイヤーの役割です。

Windowsであれば、Windows Media Player

macであれば、QuickTime Player

これらが標準インストールされていることで、動画の再生を可能としています。




まとめ




動画ファイルの形式と特徴についてご紹介させていただきました。

動画ファイルといっても圧縮方法によって様々な形式があることが分かりましたね。

実際に動画制作では、様々なユーザーの再生環境を想定した動画ファイル形式を選択することが重要となります。

正しいコーデックとコンテナを選択できなければ、せっかく製作した動画も再生できない・読み込みが遅い・画質が悪いといった不具合が発生してしまいます。



せっかく時間やお金をかけて制作した動画は高画質・高圧縮で再生しやすいものにしたいですよね。

そのほかにも動画について深掘りすると、カラープロファイル・表示色・ビートレートなど様々な知識が必要となります。



動画制作は知識を身に付けたプロに依頼することが安心です。

動画制作を任せたいけど、詳しく分からない方でもご安心ください。

弊社はブランディング会社であり、商品やサービスの認知・販促に効果的な動画制作から動画広告の運用まで可能です。



お客様のイメージ、納期やご予算など、まずはお気軽にご相談ください。




#動画 #動画制作 #動画ファイル #コーデック #コンテナ #エンコード #デコード #メディアプレイヤー


4回の閲覧
andstory_logo.png

5-24-1-406, Watanabedori, Chuo-ku Fukuoka-shi, Fukuoka, 810-0004, Japan
810-0004 福岡県福岡市中央区渡通5-24-1-406

  • Facebookの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

andme

andplay

andstory_logo.png